エピラットの脱毛テープの口コミがやばい 効果なしの声が多すぎる!

61N5cGUnVbL._SL1000_

シートを貼ってはがすだけで、ムダ毛を脱毛できるのが「脱毛テープ」です。

 

 

ただ、エピラットの口コミを見ると…。

少し、考え直したほうが良いかもしれません。

 

エピラットの脱毛テープは、「効果なし!」の口コミが多い

99567b980f42a8f6e23e0121f6ddee0d

 

正直、エピラットほど評判の悪い脱毛テープは他に無いかもしれません。

 

 

以下のような口コミが、本当に多く寄せられています。

(クリックで拡大)

 

エピラット 脱毛テープ 口コミ

 

エピラット 脱毛テープ 口コミ2

 

 

 

まとめると、“とにかく粘着力がない!”ということ(;´∀`)

 

 

 

幸い肌荒れの口コミは少ないですが、

この粘着力だと女性の産毛しか効果はなさそうです

 

 

 

私のような剛毛の男はもちろん、女性でも

 

  • 脇毛
  • vio

 

など比較的毛の濃い部分は、効果を感じられないと思います。

 

 

…というか、公式サイトには

「腕・脚以外には使えません」と書いてありますね(;´∀`)

 

エピラットだけじゃないです。脱毛テープは基本的に―

bigstock_Thinking_1522371

これはエピラットの脱毛テープに限ることではありませんが、

脱毛テープは基本的に粘着力が弱いです。

 

 

ですから、剛毛ならまず抜けません

 

 

そればかりか毛を引っ張るだけなので、

“痛いだけ”という状態になることも多いです。

 

 

 

ですから、もし本当に毛を根っこから抜こうと思うのであれば、

ブラジリアンワックスで脱毛をしましょう。

 

 

ブラジリアンワックスであれば、毛の側面や根っこにもワックスが届きますから、

脱毛テープのように毛の上だけを引っ張ることもありません。

 

 

確実に抜ける分、痛みも抑えられます

 

水溶性だから、肌にも安心

skin-care-products-for-men-610x250

脱毛テープの悪い点の一つに、“粘着剤が肌に残る”ことが挙げられます。

 

 

エピラット 脱毛テープ 口コミ3

 

 

しかしこの粘着剤、水では溶けないんです。

そして放置していると…

 

 

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11106980246

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11106980246

 

 

このように、炎症に発展してしまうケースもあります。

 

 

 

その点ブラジリアンワックスは水溶性のものがほとんどですから、

万が一ワックスが残っても水ですぐに落とすことができます。

 

 

脱毛テープのように「粘着剤が落ない!」と慌てる必要もなく、水ですすぐだけ。

効果も抜群ですから、すすいだあとにはツルツルの肌が待っています

 

もちろん、vioも可能

ブラジリアンワックスは元々、デリケートゾーンの脱毛のことを言います。

(今は全身を指すことも多いですが)

 

 

ですから当然、vioに使うことができます。

 

 

つまりvioのような毛が濃くて、

肌が敏感な部分にも使えるようになっているということです。

 

ブラジリアンワックスの使い方を解説します

happy-guy

あなたがブラジリアンワックスを使ってより確実に毛を脱毛するために、

ブラジリアンワックスの使い方を解説します。

 

 

たった1回の脱毛で、2~8週間もツルツルが続きますから(^-^)

 

 

 

是非以下の記事を読んで、

 

  • ムダ毛で悩むことのない
  • 異性にも好感を持ってもらえる

 

そんなツルツル・スベスベの肌にしましょう。

 

ブラジリアンワックスでツルツルにする方法⇒

 





(☝◔ ౪◔)☝<シェアお願いします。

大人気!やってみたのコーナー

MOIHFHNP6vYX07m1438590853_1438592010 XIAW3qdqrB0700V1439358177_1439358367

↑クリックでまとめページに移動します!

永久脱毛をしたいのであれば、こちら↓

ブラジリアンワックスで全身脱毛 ブラジリアンワックスで全身脱毛

永久脱毛、はじめました(画像大量)!

ブラジリアンワックスで全身脱毛

処理後、ケアしないと…こうなります↓

ムダ毛処理後のケア方法

サブコンテンツ

このページの先頭へ