除毛クリームは男の陰部・vioに効果あり? iラインはやばいことに…

men-iching

最近では、男でも陰部の毛を処理することがエチケットだと言われています。

 

 

というのも、女性から見るとギャランドゥなどの毛は不潔極まりなく、

見えているだけで、ドン引きしてしまうのだとか(;゚ロ゚)

 

 

それに性行為に及ぶとき、毛が邪魔になってしまうようです。

 

 

 

また女性の意見をさておいても、

陰部がツルツルなのは気持ちがいいですよ(^-^)

 

 

蒸れてモッサ~と暑苦しいこともないですし、

トイレで大をした後に、トイレットペーパーと毛が絡まることもないので。

 

 

 

…という理由などから、私は男性にも陰毛の処理を

おすすめしているのですが…

 

 

 

除毛クリームで処理すると、

部分によっては大変なことになります(;゚ロ゚)

 

 

 

せっかく人に見られるのが嫌で自宅でやったのに、場合によっては、

皮膚科で先生に見てもらわなければならなくなるかもしれません

 

 

というわけでこの記事では、男の陰部およびvioを脱毛クリームで

処理出来る部分と、出来ない部分についてご紹介しますね(^-^)

 

ギャランドゥは除毛クリームが効果アリ!

kulgu

腰からへそ周りまで生えている毛が、ギャランドゥです。

 

 

そしてこの毛は、プールや海で水着を着ると高確率で見えるのですが、

女性にも高確率で、「不潔」とドン引きされている場所です(笑)

 

 

ただご安心を!

除毛クリームでギャランドゥは処理できます!

 

 

 

ギャランドゥは、陰部というより腹毛にカテゴライズされるそうで、

肌もそれほど敏感ではないようです。

 

 

ぜひ除毛クリームで、ゴソッとやっちゃってください(^-^)

 

Vラインも除毛クリームが使える!

4r88bs

Vラインとは所謂“チン毛”で、竿からギャランドゥまでの毛です。

太ももの付け根も、Vゾーンに含める場合もありますね(^-^)

 

 

この部分も、一応除毛クリームで処理できますよ!

ただ、あまり竿に近い部分には使わないほうが良いかもしれません。

 

 

というのも…。

 

iラインは絶対に使わないほうがいい!

7nw4ti

私がこれまで見てきた全ての除毛クリームが“陰部使用不可”なのは、

おそらくiラインに使うと、やばすぎるからだと思います。

 

 

iラインというのは、金玉袋です。

睾丸周りともいいますね。

 

 

そしてこの部分に除毛クリームを塗って

 

  • めちゃくちゃヒリヒリした
  • 赤くかぶれてしまった
  • 歩けなくなるほど痛くなった
  • 出血した
  • パンパンに腫れ上がった

 

などの声が、本当にたくさん寄せられているんです!

 

 

ですから、iラインの毛の処理は、ハサミで短くカットしたり、

ブラジリアンワックスで脱毛したり、毛抜きで抜くことをおすすめします。

 

oラインは意外と使える

happy-guy
oラインは、肛門周りの毛です。

場合によっては、ケツ毛などお尻の毛が含まれることもありますね。

 

 

そしてoラインは、意外と除毛クリームが使えたりします。

 

 

もちろん推薦されている使い方ではないので自己責任が必要ですが、

金玉の周りに塗った時のように、ひどいヒリヒリを感じることはありませんでした。

 

 

そしてもちろん、ケツ毛には問題なく使えますよ(^-^)b

 

まとめ

business_man_banner

まとめると、除毛クリームで陰部の毛を処理するときは、

ただひたすら金玉を守るようにしましょう。

 

 

そうであれば、ひどく痛い思いをすることはないのかな?

と、個人的には思っています。

 

 

※追記

結局、除毛クリームでvioのムダ毛処理をヤッちゃいました( ´∀`)

詳しくは以下の記事をお読みください。

 

除毛クリームで男の陰部を処理してみた【閲覧注意】





(☝◔ ౪◔)☝<シェアお願いします。

大人気!やってみたのコーナー

MOIHFHNP6vYX07m1438590853_1438592010 XIAW3qdqrB0700V1439358177_1439358367

↑クリックでまとめページに移動します!

永久脱毛をしたいのであれば、こちら↓

ブラジリアンワックスで全身脱毛 ブラジリアンワックスで全身脱毛

永久脱毛、はじめました(画像大量)!

ブラジリアンワックスで全身脱毛

処理後、ケアしないと…こうなります↓

ムダ毛処理後のケア方法

サブコンテンツ

このページの先頭へ